企画展

企画展vol.44

いけないのファッション展

2022年9月1日(木)~12月17日(土)

毒で光るガラス、人型のアクセサリー、生き物たちの毛皮。
みんなみんな文化的でオシャレだった。

時代や場所、環境などの世相と密接な関係にあるファッション史の中には、当時好ましく思われていなかったものや、時間が経つことで好ましくないと分かったもの、好ましくないと言われているが現代の価値観では一考を要するものなどが多く存在します。

例えばリアルファー(動物の毛皮)は、人類が手にした最も古い防寒着であり裏地や襟に使用される機能衣料として必需品でした。しかし現在は技術の発展から豪華な装飾としての役割が大きくなり、動物愛護やエシカルな観点から世界中のブランドに使用廃止宣言を出す動きが広まっています。

一方、代用として使用されるフェイクファーも賛否両論です。近年エコファーとも呼ばれるようになりましたが、材料がアクリルやポリエステルなどの生分解されにくい化学繊維である事から環境への影響が懸念されています。

本展では上記の様な社会問題から、素材に毒が使用されているものまで様々な「いけない」ものをご紹介いたします。どこがいけないのか、本当にいけないのか、普段のファッションとは少し違った側面をお楽しみください。

オシャレ割引
以下の期間、それぞれのテーマに合ったオシャレをしてご来館いただいたかたは入館料を100円割引させていただきます。受付でぜひお声がけください。

「自然」2022年9月1日(木)~12月17日(土)
ファーやフェイクファーは勿論、動物の模様や牙などのアイテムを身につけてご来館ください。

「ハンカチーフ」2022年11月1日(火)~11月6日(日)
11月3日のハンカチーフの日に合わせて、ご自慢のハンカチーフをもってご来館ください。

※他の割引との併用、入館料以外での割引はいたしかねます。
※過度の露出や危険物などは割引対象とはならず、ご入館をお断りいたします。まわりの方とお楽しみいただけるスタイルでご来館ください。

協力(敬称略) アダチヨシオ、羊亭社、渡辺マリ

PAGE TOP