展示紹介

アールヌーヴォー

19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に隆盛した芸術運動を「新芸術(アール・ヌーヴォー)」と呼びました。
曲線と自然物を組み合わせた女性らしいデザインが特徴ですが、当時としては新しい素材であったガラスや鋼鉄も積極的に作品に取り入れられ、絵画に留まらず建築や生活工芸品に至るすみずみまでそのセンスが反映されました。

◆主な展示デザイナー◆
アルフォンス・ミュシャ
エミール・ガレ
ドーム
G.A.ルソー

PAGE TOP