企画展

企画展vol.43

巨匠たちのコスチュームジュエリー

2022年1月25日(火)~8月12日(金)

Chanelの審美 Diorの多感 Haskellの傾倒

当館の主要コレクションでもあるコスチュームジュエリーは、時代や流行のスタイルに合わせて制作される装身具です。これらは流行を発信する一流ブランドからも発表され、デザイナー達の物づくりに対する姿勢や哲学が色濃く反映した美術品が数多く存在します。

今回の企画展では歴史的ラグジュアリーブランドとして知られるシャネルとディオール、「コスチュームジュエリー界の女王」と言われるミリアム・ハスケルの3つのブランドに焦点を当て、コスチュームジュエリーがどの様な意向から制作されたのか展示致します。

美術館において初展示となるシャネルのプロトタイプ(量産前の試作品)の展示や、ディオールが各デザイナーに託したエレガンス、ハスケルの作品の技術へのこだわりが垣間見える企画展です。巨匠たちのそれぞれの美へのアプローチ、ぜひご覧ください。

協力 桜アンティキテ、渡辺マリ

PAGE TOP