アクセサリーミュージアム

常設展

美しいデザインを巡る
時間旅行へ

展示室ごとにパッケージングされた「時代の空気」にひたり、デザインの潮流が肌で感じられます。

アクセサリー教室

世界にたったひとつの
クラフトを作る

テーマに沿ったパーツを使い、あなただけの味わい深いデザインアクセサリーを作ることができます。

企画展

芸術・文化・民俗・哲学を
楽しむ

解説で時代背景や精神・哲学を知ることにより、デザイン性に込められた深い意味が感じられます。

常設展

各時代の画像をクリックして頂くと、展示品の一部を見ることができます。

アールデコの時代

アールデコの時代

アールデコはヨーロッパ・アメリカを中心に1925年の「パリ万国装飾博覧会」を最盛期として 流行したデザインです。
東洋趣味や古代美術を大胆に換骨奪胎したデザインは近代(モダン)という時代への期待を大きくはらんだ、幾何学的な意匠を特徴としています。

◆主な展示デザイナー◆
ルイ・イカール
エルテ
ルネ・ラリック
ココ・シャネル

◆主な展示品◆
ベークライトアクセサリー

アールデコ時代

アールデコ時代の主な展示品

アールヌーボーの時代

アールヌーボーの時代

19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に隆盛した芸術運動を「新芸術(アール・ヌーヴォー)」と呼びました。
曲線と自然物を組み合わせた女性らしいデザインが特徴ですが、当時としては新しい素材であったガラスや鋼鉄も積極的に作品に取り入れられ、絵画に留まらず建築や生活工芸品に至るすみずみまでそのセンスが反映されました。

◆主な展示デザイナー◆
アルフォンス・ミュシャ
エミール・ガレ
ドーム
G.A.ルソー

◆主な展示品◆
ヘアアクセサリー(ボナーズ社)

アールヌーボー時代

アールヌーボー時代の主な展示品

ビクトリアンの時代

ビクトリアンの時代

一般的に英国、ヴィクトリア女王統治の時代、つまり1837年から1901年の間に花開いた文化様式を指します。産業革命によって経済・文化の発展が急速に促されたこの時代は英国美術の黄金期とも言われ、自然物をモチーフとした繊細なデザインがよく知られています。
また、モーニング(服喪)ジュエリーはこの時代に見られる非常に特徴的な装飾品です。

◆主な展示デザイナー◆
ケイト・グリーナウェイ

◆主な展示品◆
メッセージジュエリー
モーニングジュエリー
ジェット
カメオ

ビクトリアン時代

ビクトリアン時代の主な展示品

オートクチュールの時代

オートクチュールの時代

「高級仕立服」を意味し、基本となるデザインをベースにし、注文者の身体に合わせて仕立てる受注生産の時代で、デザイナーの地位が非常に高い時代でした。
この時代のデザインは注文者の大部分を占める富裕層の好みを強く反映する結果となり、非常に技巧的な作風が多く見られます。

◆主な展示デザイナー◆
トリファリ
コロー
ココ・シャネル
ミリアム・ハスケル
クリスチャン・ディオール
スキャパレリ

◆主な展示品◆
ベークライトアクセサリー

オートクチュール時代

オートクチュール時代の主な展示品

プレタポルテの時代

プレタポルテの時代

「プレタポルテ」とは高級既製服を意味します。工業化の波と女性進出をキーワードとし、才能豊かなデザイナーによって斬新な意匠が数多く発明されました。
またファッションの一般化が進み、トレンド(流行)が形成される、大変変化に富んだ時代と言えます。

◆主な展示デザイナー◆
サンローラン
イサドラ
ファブリス
レアスタイン

◆主な展示品◆
ベークライトアクセサリー(バトラー&ウィルソン)

プレタポルテ時代

プレタポルテ時代の主な展示品

アバンギャルドの時代

アバンギャルドの時代

「アバンギャルド」とは前衛美術を意味する言葉です。現代を理解するためのキーワードである大量生産、そして保守的なものに対するの反抗はデザインにも強く反映されています。

◆主な展示デザイナー◆
クリスチャン・ラクロワ
モスキノ
シャネル
ジバンシィ
ドルチェ&ガッバーナ

◆主な展示品◆
インディアンジュエリー
ニューヨークスタイルアクセサリー

アバンギャルド時代

アバンギャルド時代の主な展示品

展示室について

アクセサリーミュージアムでは各室を時代別に区分し、それぞれの部屋を1つの時代として提案しています。
各時代別に分けられ、アクセサリーだけではなく、家具や調度品といった大型の展示品から、貴重な服やバッグなど2,000点以上にも及ぶ展示品を部屋ごとにトータルに展示することによって、その時代が持つ空気・パワーを感じられるようになっています。
部屋を巡り歩くことによって各時代の特徴を感じるだけでなく、部屋から部屋への移動を通して流行や根底に流れる文化・思想の移り変わりを知ることができるよう工夫されています。